安藤政信の実家は川崎のラーメン屋さん?結婚していて子供が2人いる?

安藤政信の実家は川崎のラーメン屋さん?結婚していて子供が2人いる?

安藤政信のイケメンな茶髪画像

最近徐々に頭角を現してきた安藤政信さん。

人気絶頂のときに急に居なくなってしまった彼ですが、最近復帰し、『闇金ウシジマ君ザ・ファイナル』にも出演していましたね!

今回はミステリアスだけど笑顔が素敵な安藤さんの実家や家族の事を調べてみました!

  • 安藤政信プロフィール
  • 安藤政信の自家は川崎のラーメン屋さん?
  • 安藤政信は結婚していて子供が2人いる?

スポンサーリンク


安藤政信プロフィール

安藤政信が黒いニットキャップと上着をつけている画像

本名:安藤政信(あんどうまさのぶ)
生年月日:1975年5月19日生まれ(41歳)
出身地:神奈川県川崎市
身長:175cm
血液型:O型
所属事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ
特技または趣味:

1994年に高校卒業を前にスカウトされ芸能界に入っています。

北野武監督に見出され、1996年の映画『キッズ・リターン』でデビューしました。

1998年『聖者の行進』で高原廉役、『青の時代』では澤木朱里役で出演。

2000年のドラマ『学校の怪談春の呪いスペシャル』に出演後芸能界から一時フェードアウトします。

2009年から2011年ころまでは台湾・中国映画にも出演しました。

海外映画のタイトルについては後述します。

2012年『東野圭吾ミステリーズ』でテレビドラマに久しぶりに出演しました。

2016年からは再び日本の作品に多く出演するようになっています。
 

 

安藤政信の自家は川崎のラーメン屋さん?

安藤政信の黒髪の画像

安藤さんの出身地は川崎市で実家は川崎市幸区の『ニュータンタンメン鹿島田店』というラーメン屋さんです。

「鹿島田店」ということは、他にも店舗があるのか調べたら、川崎市中心に展開しているフランチャイズ店のようですね。

神奈川・東京に34店舗あります。

食べたことある人も多いんじゃないでしょうか。

鹿島田店に行くと、安藤さんのお父さんが作ったラーメンが食べられますよ(^^)

安藤さんて実家に帰ることあるんでしょうか?

映画監督の蜷川実花さんとの対談で、蜷川さんが安藤さんに「生活感ない」と言ったことに反論して、「全然普通だよ」と普通の人アピールしていました(^^)

なので、普通の人と同じ頻度で実家にも帰っているのではないでしょうか。

タイミングがよければ安藤さんのご家族にも会えるかもしれませんよ。

そこで

ニュータンタンメン鹿島田店さんを食べログで調べてみました!

安藤政信の実家のラーメン屋のニュータンタンメンの画像

ご飯との相性が高そうなスープ・・・☆

安藤政信の実家のラーメン屋のラーメンをお箸で食べる画像

ひき肉たっぷりでとってもおいしそうですね!

安藤政信の実家のラーメン屋の内部の画像

店内は落ち着く雰囲気のようですね。

250件以上の口コミが載っていました!近場であれば一度は訪れてみたいですね。
 


スポンサーリンク


安藤政信は結婚していて子供が2人いる?

安藤政信の金髪画像

安藤政信さんは2014年に

10年近く交際していた一般女性の方と結婚され、その後第一子が誕生しています。

2016年には第二子が生誕生しました。

奥さんは堀北真希さんに似ているそうで東京都内のアパレル店で働いているようです。

彼女は20代のころから安藤さんと同棲生活をしていましたが、妊娠を機に結婚に至ったのでした。

安藤さんは抱っこ紐で寝かしつけたりまで出来るそうですから、育児がしっかり板についているのですね!

家庭ではきっと素敵なイクメンパパなのでしょう。

↓お子さんを抱っこしている安藤さん
安藤政信がサングラスで子供を抱っこする画像

サングラスの奥の優しいまなざしが、子供さんへの愛情を強く感じますね。
 


 
以上、今回は安藤政信さんの実家のラーメン屋さんや、妻・子供についてでした。

  • 安藤政信プロフィール
  • 安藤政信の自家は川崎のラーメン屋さん?
  • 安藤政信は結婚していて子供が2人いる?

1990年代はドラマに映画など数々の作品に出演されていた安藤さん。

2000年頃からはテレビ出演を控えて映画に専念しました。

さらに、中国語圏を中心に海外での活動を始めます。

  • 2009年の「花の生涯」
  • 2011年の「セデック・バレ」「ソードロワイヤル」
  • 2015年の「無無眠」

などは海外作品ですね。

その間も日本の映画には出ていましたが、出演数はやはり少なかったです。

2016年以降から日本での出演作も増えてきた安藤さんのこれからにさらに期待ですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク


関連コンテンツ


 
 
 
 

コメントを残す