ボジョレーヌーボーの意味や2017年の解禁日は?なぜ人気が?

ボジョレーヌーボーの意味や2016年の解禁日は?なぜ人気が?

beaujolais nouveau

ボジョレーヌーボーというワインはご存じの方も多いと思いますが、その名前の意味は知らないという方も多いのではないでしょうか。

毎年の解禁日には、早くから店頭に並んで楽しみにされているという方もいらっしゃいますね。

気になる今年の解禁日や、なぜそんなに人気があるのかをご紹介します。

  • ボジョレーヌーボーの意味は?
  • ボジョレーヌーボーの2016解禁日は?
  • ボジョレーヌーボーはなぜ人気があるのか?

スポンサーリンク


ボジョレーヌーボーの意味は?

“Beaujolais nouveau”ボジョレーヌーボーは、フランスのブルゴーニュ地方のボジョレーという所で作られた、その年の新酒です。

Beaujolais nouveau9
 
 
Beaujolais=ボジョレーとも、ボージョレとも、ボージョレ―とも書かれますが、一般的には「ボジョレー」ではないでしょうか。

Nouveau=ヌーボーは、英語でいうnew=新しい、という意味でこちらもヌーヴォーとも表記される事があります。

その年の秋に収穫された葡萄(赤はガメイ種、白はシャルドネ)で作る、旬のワインです。
 
 

ボジョレーヌーボーの2016解禁日は?

気になる2016年の解禁日ですが、毎年11月の第3木曜日の午前0時が解禁ですので、11月17日です!

この日を心待ちにしている方も多いと思いますが、普段ワインを飲まない方も、この日に一年の労働をねぎらい、家族や友人とパーティーをするというのもいいですね。
 

 


スポンサーリンク


ボジョレーヌーボーはなぜ人気があるのか?

ボジョレーの地元住民の間では、手軽に毎日飲めるワインとして昔から親しまれてきました。

フランスでは、1800年代から広く飲まれ始め、人気の為にこぞって販売する業者が増え、ワインになっていないものまで売られるようになった事で、解禁日を設けるようになりました。

当初サン・マルタンという聖人の日に合わせ11月11日が解禁日となっていましたが、その後11月15日に変わりました。

しかし、15日が土日と重なる事でお店の休みと重なるのを避け、1984年から11月の第3木曜日を新たに制定しました。
 
 
Beaujolais nouveau10

日本には、1976年から輸入されるようになり、1980年代のバブル期には、物珍しさや外国の品を手に入れやすくなった事により、大ブームとなりました。

バブル崩壊とともに一時は人気も衰えましたが、1997年頃からの赤ワインブームに乗り、現在また人気が復活してきています。

解禁日にはニュース番組で店頭の様子が中継され、もはや定着したイベントとなりました。

縁起を担ぐ日本では、「初物」を食べる(飲む)事は他にはない生命力が宿っており、寿命が延び福も招くとされているため、この新酒であるボジョレーヌーボー人気もそういったところが影響しているのではないでしょうか。
 
 


以上、

  • ボジョレーヌーボーの意味は?
  • ボジョレーヌーボーの2016解禁日は?
  • ボジョレーヌーボーはなぜ人気があるのか?

の内容でお送りしました。
 
 
11月17日が楽しみですよね!

Beaujolais nouveau1

ボジョレーヌーボーについては相性の良い料理やつまみについての記事がありますので参考にしてみてください!

▶︎ボジョレーヌーボー2016に合う料理やおつまみ!賞味期限は?


スポンサーリンク


関連コンテンツ


 
 
 
 

コメントを残す