夏フェスの人気ランキング!予算や装備は?無料フェス情報も

夏フェスの人気ランキング!予算や装備は?無料フェス情報も

音楽好きにとっての夏の恒例行事といえば、夏フェス。

夏フェスというのは、夏に行われるロックフェスティバルのことで、主に野外の広大な敷地を使って開催されます。

fes14

日本でも夏の間、各地でさまざまなフェスが開催されます。そんな夏フェスについて調べてみました。

・夏フェスの人気ランキング

・夏フェスの予算や装備は?

・無料夏フェス情報



スポンサーリンク

 
 

夏フェスの人気ランキング

数多く開催される夏フェスの中から、毎年開催される野外フェスの中で人気の高いものをランキングで紹介します。
 
 

人気夏フェスランキング第1位:FUJI ROCK FESTIVAL

fujirock

会場:湯沢町 苗場スキー場 (新潟)

1999年から、毎年7月下旬または8月上旬に、新潟県湯沢町の苗場スキー場で開催されています。広大な会場に国内外200組以上のミュージシャンが揃う日本最大規模の野外音楽イベントです。ちなみに、名称の由来である富士山近辺で行われたのは1997年の第一回目のみです。

2016年は7月22日(金)、23日(土)、24日(日)。
 
 
参考サイトのリンク
▶︎2016年参加アーティスト

▶︎会場へのアクセス情報
 
 

人気夏フェスランキング第2位:ROCK IN JAPAN FESTIVAL

rock in japan

・会場:国営ひたち海浜公園 (茨城)

毎年8月初めに開催されます。

主催はニッポン放送とディスクガレージ、企画制作はロッキング・オンで、日本で活動するバンドやJ-POPの歌手が多く出演します。

2016年は8月6日(土),7日(日),13日(土),14日(日)。
 
 
参考サイトのリンク
▶︎2016年出演アーティスト

▶︎会場へのアクセス情報
 
 

人気夏フェスランキング第3位:SUMMER SONIC

summersonic

・会場:QVCマリンフィールド&幕張メッセ (東京)

舞洲サマーソニック大阪特設会場 (大阪)

千葉と大阪の2会場でそれぞれ2日間に渡って行われる人気フェス。千葉公演は、「東京公演」と呼ばれています。

出演ジャンルはロックをはじめ、アイドルやJ−POPなど、多岐に渡って楽しめます。

2016年は8月20日(土), 21日(日)開催予定。
 
 
参考サイトのリンク
▶︎東京の出演アーティスト

▶︎大阪の出演アーティスト
 
 

人気夏フェスランキング第4位:RISING SUN ROCK FESTIVAL

risingsun

会場:石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ (北海道)

8月半ばに2日間、北海道小樽市の石狩湾新港樽川埠頭横 野外特設ステージで開催されている国内最大級のフェスで、日本初のオールナイト型の音楽野外フェスです。

楽曲はロックだけではなく、いわゆるテクノ系やレイヴ系のパフォーマンスもあり基本的にジャンルレスですが、ROCK IN JAPAN FESTIVALに比べるとJ-POP系のアーティストは少なめで、ロック的なジャンルのアーティストが多い傾向にあります。

2016年は8月12日(金), 13日(土)開催予定。

参考サイトのリンク
▶︎出演アーティスト

▶︎会場へのアクセス情報
 
 

人気夏フェスランキング第5位:WORLD HAPPINESS

worldhappiness

会場:夢の島公園陸上競技場(東京)

高橋幸宏がキュレーターを務める野外音楽フェスティバルで、毎年、国内屈指のベテランミュージシャン、アーティストが集結します。

独特の世界観のあるアーティストの音楽を堪能できるイベントです。

2016年は8月28日(日)開催予定です。
 
 
参考サイトのリンク

▶︎出演アーティスト

▶︎会場へのアクセス情報
 
 

人気夏フェスランキング第6位:頂〜ITADAKI〜

itadaki

会場:吉田公園特設ステージ(静岡)

2008年から続く静岡の野外音楽フェスティバル。

開放的な雰囲気の吉田公園を会場に、国内の大物、気鋭アーティストが数多く出演します。

2016年は6月4日(土)、5日(日)に開催されます。
 
 
参考サイトのリンク

▶︎出演アーティスト

▶︎アクセス情報
 
 

人気夏フェスランキング第7位:MONSTER baSH

MONSTER baSH

会場:国営讃岐まんのう公園 (香川)

香川県で開催されている中四国最大規模の野外音楽イベントで、通称「モンバス」。8月後半に2日間に渡って開催されます。

2016年は、8月20(土)・21(日)開催。

日本のロックバンドやJ-POPのアーティストが多数出演します。
 
 
参考サイトのリンク

▶︎出演アーティスト

▶︎アクセス情報
 
 

人気夏フェスランキング第8位:SWEET LOVE SHOWER

SWEET LOVE SHOWER

会場:山中湖交流プラザ きらら (山梨)

スペースシャワーTVおよびFM802が主催する野外音楽イベントです。

日本のロックバンドや、テクノ、J-POPなどのアーティストが参加します。

2016年は8月26日(金), 27日(土), 26日(日)開催予定。
 
 
参考サイトのリンク

▶︎出演アーティスト

▶︎アクセス情報
 
 

人気夏フェスランキング第9位:JOIN ALIVE

joinalive

会場:いわみざわ公園 (北海道)

2010年から毎年、7月中 〜下旬の土曜・日曜に開催されている音楽フェス。略称”JOIN“などと呼ばれています。

名称には「この場所に皆が集まり、繋がりながら広がって生きていく喜びを感じる」というメッセージと、「July(7月)」「Oasis(オアシス)」「Iwamizawa(岩見沢)」「Nature(自然)」の頭文字を取って「JOIN」という二重の意味が込められていて、自然と音楽の融合を感じることのできるイベントです。

日本のロック、POPSのアーティストが多数出演します。

2016年は7月16日(土), 17日(日)に開催予定。
 
 
参考サイトのリンク
▶︎出演アーティスト

▶︎会場へのアクセス情報
 
 
 

人気夏フェスランキング第10位:京都大作戦

kyotodaisakusen

会場:京都府立山城総合運動公園(京都)

京都大作戦は、毎年7月に京都府宇治市の京都府立山城総合運動公園(太陽が丘)特設野外ステージにて開催される野外フェスで、ロックバンドの10-FEETが企画、レゲエやヒップホップなどの様々なジャンルのアーティストも出演します。

2016年は7月2日(土), 3日(日)に開催予定。
 
 
参考サイトのリンク
▶︎出演アーティスト

▶︎アクセス情報
 

スポンサーリンク

 

夏フェスに行く場合の予算や装備は?

fes25

夏フェスに行く場合の予算や装備についてまとめました!
 
 

夏フェスに行く場合の予算は?

夏フェスは、2日間や3日間と連続して開催されることが多く、チケットも通しのチケットもしくは1日だけのチケットなど、選んで購入することができます。

チケットの代金は、フジロックの場合1日券が16,800円、3日通し券が39,800円、ライジングサンの場合は1日券が日によって9,300円と13,000円、2日通し券が18,500円となっています。

会場によってややばらつきはありますが、だいたい1日あたり15,000円くらい、複数日の場合は日数をかけた額より少し少なめを目安にすれば良いかと思います。
 
 
また、会場にテントを張るスペースがあって予約する場合には別途3,000円ほど、車で来場する場合には駐車場代として2~3,000円程度、また、ガソリン代や高速代、公共の交通機関の運賃なども頭に入れておく必要があります。
 
 
現地での飲食費もバカになりません。暑い夏の期間ですので、ビールが飲みたくなりますし、食事は屋台やスタンドが主なので割高ですし、数日通しての滞在となると食事の回数も多くなりますので、ある程度余裕を持っておいたほうが良いでしょう。
 
 
それに加えて、つい欲しくなるのがグッズです。お目当のアーティストのTシャツやタオルなど、ついつい出費がかさみがちです。

これらを考慮して予算を計算してみると、東京駅から新幹線を利用して利用してフジロック3日間に参加し、テントで宿泊する場合、
 


チケット代金:39,800円

新幹線・シャトルバス代:6,650円

キャンプサイト利用代:3,000円

飲食代:1日5,000×3日=15,000円

グッズ代:10,000円

合計:74,450円

 

となります。

飲食代とグッズ代は節約可能ですが、やはり少し多め、ゆとりを持って用意しておいたほうが無難かと思います。
 
 

夏フェスに行くための装備は?

fes11

野外でのイベントは、天候の変化などもあるため、きちんと備えをして参加する必要があります。野外の夏フェスに参加する際に揃えておくべき装備を10点紹介します。
 
 

夏フェス装備その1:防水のジャケット、雨具

fes26

天候が変わりやすい山間でのイベントでは必須です。傘は危険なために使用を規制しているところもあるため、カッパやポンチョ、気温が下がっても対応できる防寒も兼ねた防水のジャケットなどを用意しましょう。
 
 

夏フェス装備その2:トレッキングシューズ

fes9

山間などで行われるフェスでは足場が悪いところを移動しなくてはならないこともしばしば。また、雨が降ったりした際に足が濡れないよう、トレッキングシューズや防水のスニーカーなどしっかりとした靴で臨むのがよいでしょう。
 
 

夏フェス装備その3:虫除け

fes12

屋外なので当然虫もいます。身体に塗ったりスプレーするタイプや、携帯タイプなど持参しましょう。
 
 

夏フェス装備その4:日焼け止め、帽子

fes11

日差しが強い屋外に長時間いることになる可能性があるので、日焼け止めや、つばのあるハット型の帽子が必要です。
 
 

夏フェス装備その5:ランタン・懐中電灯

fes10

日が暮れてからの移動やテント泊の際に必要になります。
 
 

夏フェス装備その6:携帯電話のモバイルバッテリー

fes7

途中で携帯電話のバッテリーが・・・せっかくのイベントで写真も撮れないと残念ですので、モバイルバッテリーを用意すると安心です。
 
 

夏フェス装備その7:リュック、ウェストバッグ

fes4

屋外で長い時間を過ごすので、できるだけ荷物は少なくしたいものですが、どうしても持参しなくてはならないものをなるべく疲れることなく持ち運ぶために、身体に合ったリュックやウェストバッグで出掛けたいです。
 
 

夏フェス装備その8:チケットホルダー(パスケース)

fes8

現地でも購入できる場合がほとんどですが、もしすでに持っているのであれば忘れずに。もちろん記念に毎年買うのもGOOD。
 
 

夏フェス装備その9:お目当のアーティストのタオル・Tシャツなど

fes6

現地でも調達できますが、何年か前のものなんかを身につけてると、コアなファンな感じが出て気分も盛り上がります。
 
 

夏フェス装備その10:ミストスプレー

fes5

火照った身体にしゅっと一拭きでリフレッシュできるので、あるといいです。市販のスプレーボトルに水をつめて代用でもOKです。
 
 

夏フェス無料情報!

数ある夏フェスの中でも、入場が無料のフェスをご紹介します。

FREEDOM NAGOYA

FREEDOM NAGOYA

会場:愛知大高緑地特設ステージ (愛知)

名古屋発の無料野外フェスです。

若手のミュージシャンやアイドルなど幅広く参加します。オーディション枠もあり、一般公募から選ばれたアーティストも舞台に上がります。

2016年は6月25日(日)に開催予定。
 
 
参考サイトのリンク
▶︎出演アーティスト

▶︎アクセス情報
 
 


以上、

・夏フェスの人気ランキング

・夏フェスの予算や装備は?

・無料夏フェス情報

という内容でお送りしました。
 
 
野外で気持ち良く踊りたくなりました。

夏が待ちきれませんね・・・!



スポンサーリンク

 
 

関連コンテンツ


 
 
 
 

コメントを残す