ボジョレーヌーボー2016に合う料理やおつまみ!賞味期限は?

ボジョレーヌーボー2016に合う料理やおつまみ!賞味期限は?

ボジョレーヌーボーの画像

ボジョレー2016の解禁日は、11月17日(木)です!毎年、11月の第三木曜日の午前0時が解禁となっているので、その日を心待ちにされている方も多いと思います。

ボジョレーヌーボー2016に合う料理やおつまみ、また気になる賞味期限についてもご紹介します。

  • ボジョレーヌーボーに合う料理は?
  • ボジョレーヌーボーの賞味期限は?


スポンサーリンク

 
 

ボジョレーヌーボーに合う料理は?

ボジョレーヌーボーはその年の新酒ですので、旬を味わうワインです。

赤、白、ロゼの種類により味の特徴は違いますが、全体的に新酒ならではのフレッシュさと、さわやかな香り、果実味あふれるフルーティーさが際立つワインです。

Beaujolais nouveau1

そのため、どんな料理にも合う、愛想のいいワインといったところでしょうか。

鶏肉料理では、赤ワイン煮や、ガーリックソテーにマッシュポテトを添えて。

味の軽さには、トマトのマリネもよく合います。

クリーム系もよく合いますので、グラタンやパスタに合わせてもいいですね。

Beaujolais nouveau2

和食ですと、肉じゃがや鳥の照り焼きも合います。

パーティーメニューには、テーブルを華やかにしてくれるパエリアに、ローストビーフ、アボカドとトマトのサラダ等がおすすめです!

おつまみは?

少しづつつまみながら楽しみたい方には、ツナにブラックペッパーとオリーブオイルを合えてリエット風にしたものを、カリカリに焼いたバゲットに乗せて。

Beaujolais nouveau3

ミックスナッツとチーズを合わせたり、エビのガーリックソテーも合います。

Beaujolais nouveau4

ピーマンの肉詰めや、

Beaujolais nouveau5

カツオのたたきもおすすめです!

Beaujolais nouveau6
 

スポンサーリンク

 

ボジョレーヌーボーの賞味期限は?

気になる賞味期限ですが、フレッシュさが特徴ですので、年内に飲み切るのがおすすめです。

発売されてすぐに飲んでしまうのがベストです。

栓を開けてなくても2~3か月を過ぎると、確実に風味が落ちていきますので、長期保存はできないと考えていいです。

開栓し、どうしても飲み切れず残してしまったヌーボーは、なるべく空気に触れさせないよう、ビンから密閉容器に移し替えて冷蔵庫で保存するか、ホットワインにして楽しんでもいいですね。

ところで、フランスではボジョレーヌーボーはどのような扱いを受けているんでしょうか?

気になりませんか?

フランスでもボジョレーヌーボーの解禁日にはニュースで流れるし、多少行列も出来るそうです。

しかし、日本ほどのフィーバーは起こらないそうですよ。

あくまでその他一般のワインと並列に扱われているそうです。
 
 

いつまで売ってるの?

日本では解禁日から1ヶ月以内程度で大抵売り切れてしまいますが、フランスでは年明け以降もワイン屋さんで買えるそうですよ。

「売り切れるまで売ってる」ということでしょう。

ちなみに、ボジョレーヌーボー以外にも「解禁日」ってあるんでしょうか?

ボジョレーほど有名ではないですが、フランスの色々な地方でワイン祭りがあり、そのお祭りの日が解禁日というワインがけっこうあるそうです。

そういったワインの特集も面白いかもしれませんね。
 
 


以上、今回は

  • ボジョレーヌーボーに合う料理は?
  • ボジョレーヌーボーの賞味期限は?

合う料理の冒頭でサラリと触れましたが、ボジョレーヌーボーにも白やロゼがあるんですね!

日本では赤が一般的というか、赤しかないと思っている方も多いと思います。

今後、機会があったら赤以外のボジョレーヌーボーにも触れてみたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。



スポンサーリンク

 
 

コメントを残す