一級建築士製図試験作図スピードアップ方法(1)補助線と柱

一級建築士製図試験作図スピードアップ方法(1)補助線と柱

一級建築士製図試験で描く鉄筋コンクリート柱を施工している画像

一級建築士の製図試験は時間との勝負ですよね。

もう一つ言えることはいかに平常心でいられるか、ということです。
 
 
今回は、一級建築士製図試験の作図スピードアップ方法(1)として、補助線と柱の描き方についてお送り致します。

  • 一級建築士製図試験スピードアップの秘訣は柱の補助線を書かないこと
  • 一級建築士製図試験で柱の補助線を引かないための道具
  • 一級建築士製図試験で補助線を引かない柱の描き方

スポンサーリンク


一級建築士製図試験スピードアップの秘訣は柱の補助線を書かないこと

一級建築士の製図試験は時間との勝負ですから、短い時間で描かなくてはなりません。

しかし、ただ単に速く描ければ短い時間で終わるのかというとそうではありません。

いかに余分なものを描かないか?という部分も大変重要になってきます。
 
 
皆さんは作図の序盤で柱を描くための補助線を書いていると思いますが、7mまたは6mスパンごとに補助線を碁盤の目のように引く工程をまるごと省略できます。

sakuzuspeed2

柱の補助線があるとこんな感じでいろんな線が混在して見にくいですよね。
 
 
sakuzuspeed1

柱の補助線が無いとこんなに綺麗で壁が描きやすいです。

ですから柱の補助線は書かないほうが時間短縮になるし壁が描きやすくなって仕上がりも綺麗になります。

ただしそれには道具が必要です。
 
 

一級建築士製図試験で補助線を引かずに柱を書くために必要な道具

VANCOテンプレートプラスという三角定規です。

sakuzuspeed3

名前のとおり三角定規とテンプレートが同化した製品です。

これを使用して補助線を引かずに柱を描きあげます。
 

 


スポンサーリンク


一級建築士製図試験で補助線を引かない柱の描き方

覚えてしまえばとっても簡単で、後には戻れません。

7mスパンの柱を描く場合の位置はここです。

sakuzuspeed4

この22の右側の2の真ん中を最初に描いた柱の中心に合わせます。

柱サイズは4を使用します。
 
 
6mスパンの柱を描く場合の位置はここです。

sakuzuspeed5

1.5の横の線の真ん中くらいです。

柱サイズは4です。
 
 
まとめるとこんな感じです。

sakuzuspeed6
 
 
実際に6m×7mのグリッドを描いてみます。

縦から描きます。

(1)最初の柱の位置だけマークします。

sakuzuspeed7
 
 
(2)最初の柱の位置に7mスパンの目印を合わせます(縦使い)。

sakuzuspeed9
 
 
(3)上にスライドして2つめの柱に目印を合わせます。

sakuzuspeed8
 
 
4)必要な段数だけ上にスライドしていって縦が完成です。

sakuzuspeed10
 
 
(5)横は6mの目印を合わせます。

sakuzuspeed11
 
 
(6)左にスライド。

sakuzuspeed12
 
 
(7)必要なグリッド数だけ描いてください。

sakuzuspeed13
 
 
(8)上に上がって2段目を描きます。

sakuzuspeed14
 
 
(9)右下から左上の方向に描いていって柱完成です。

sakuzuspeed15
 
 

注意点

2015年の製図試験から、定規へのマーキング禁止になりました。

マーキングせずに、位置を覚えましょう!
 
 
また、万が一VANCOテンプレートプラスが使用不可になった場合に備えて普通の三角定規も用意しておきましょう!
 
 
これだけでもかなりのスピードアップにつながりますよね。

速くなるだけではなく、綺麗になるという点も見逃せません

この他にもスピードアップの作図方法がありますので、またご紹介いたします。
 
 
参考記事を作りましたので、参考にしてみてください。

▶︎一級建築士試験の難易度は?問題や日程は?製図の独学は可能?

▶︎一級建築士製図試験エスキス手順!スピードアップのコツも!

▶︎一級建築士試験の記述(計画の要点)対策!構造・設備のコツ

▶︎一級建築士製図試験作図スピードアップ方法(2)壁と開口部

▶︎一級建築士2015設計製図試験課題対策!設備や構造のコツは?

▶︎一級建築士2015製図試験で合格するエスキス手順!時間配分も
 
 


以上、今回は一級建築士製図試験の作図スピードアップ方法(1)として、補助線と柱の描き方についてお送り致しました。

それでは、本試験に向けてがんばって練習しましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク


関連コンテンツ


 
 
 
 

コメントを残す