住宅ローンは変動?固定?お得情報や年収と頭金・予算の関係

住宅ローンは変動?固定?お得情報や年収と頭金・予算の関係

家を建てたりマンションを買う際に利用する住宅ローンについて調べてみました。

Mortgage01

住宅ローンと聞くと難しいと感じられるかもしれませんが、ポイントを押さえていけば意外とシンプルです。

・住宅ローンは変動がいいの?それとも固定?
・住宅ローンのお得情報
・住宅ローンと年収の関係
・頭金や予算はどうやって決めたら良い?


スポンサーリンク


住宅ローンは変動がいいの?それとも固定?

Mortgage02

マイホームを計画中の方であればご存じだと思いますが、住宅ローンには固定金利型と変動金利型があります。

変動金利型住宅ローンと固定金利型住宅ローンです。

それぞれの特徴を説明します。

変動金利型住宅ローン

変動金利型住宅ローンは半年に1度金利の見直しがされるため長期的には返済金額が読めないという特徴があります。

また、当初一定期間は金利が変動せず一定期間経過後から金利が変動していくものもあります。

「1年固定」「3年固定」「5年固定」「10年固定」「20年固定」などがありますが、総返済額が読めないという観点からこれらは変動金利型住宅ローンに含まれるそうです。
 
 
固定金利型住宅ローン

固定金利型住宅ローンというのはフラット35をはじめとする全期間固定の住宅ローンのことです。

契約から返済完了までの間に金利が変わることがないため、全部でいくら返済するのかがあらかじめ分かるという特徴があります。

多くの金融機関が「フラット35」を取り扱っている他、ろうきんや一部のJA等で独自の全期間固定住宅ローンを取り扱っています。
 
 
ではどちらが良いのかというと、一般的に借り入れをする時期が低金利状態であれば契約後金利が変わらない固定金利型を選択すべきであり、金利が高い時に借り入れをする場合はそれ以後に金利が下がる可能性のある変動金利型を選択すべきであると言われています。

ただし短期間で返済を完了させられるケース(多額の定期が満期になる時期が分かっているなど)では低金利状態であっても変動金利型を選択するほうが金利面では得であることがあります。
 
 

住宅ローンお得情報

Mortgage03

住宅ローンと一口に言っても、それに関わる様々なものがあります。

例えば・・・

生命保険、諸費用(手数料や登記料など)、今後の貯蓄、自動車のローン、自動車保険、土地選びなどなど・・・

Mortgage04

それらを少しずつ削減していくことでトータルで数百万円コストダウンできるという手法があります。
 
 
一見、生命保険や自動車の保険などは無関係のように思えるかもしれませんが、月々の固定費という観点からみればそれらは大いに関係があり、そういった生活に関わる全てが住宅ローンと密接な関係を持っているそうです。

そのようなコスト削減を相談できるプロとしてファイナンシャルプランナー(保険)、司法書士(諸費用)、会計士(税)、請負会社ではない建築士(建物のコストダウン)、不動産コンサルタント(運用)などがいます。

また、そのような諸々の項目をワンストップで請け負うサービスを行っている方々もいるようです。
 

 

住宅ローンと年収の関係

Mortgage05

住宅ローンを利用するには銀行にご自分の年収や勤務先情報を教える必要があります。

所定の審査があるためです。

既に利用中のローンやクレジットカードのキャッシングの返済状況などによっても審査の合否が変わったり借りられる金額が上下したりしますが、最も影響が大きいのは「年収」だということです。
 
 
では住宅ローンと年収の関係はどうなっているのでしょうか?

住宅ローンを借りられる額は、よく「年収の6倍まで」とか「年収の7倍まで」ということを聞きますが実はそれは誤りで、「年返済比率」というものが関わってくるようです。

年返済比率とは、年収に対する1年間に返済するトータルの金額の割合だということです。

その比率は、

年収が400万円以上の方(または世帯)・・・40%まで

年収が400万円未満の方(または世帯)・・・30%まで

このようになっているようです。
 
 


スポンサーリンク


住宅ローンの頭金や予算はどうやって決めたら良い?

Mortgage06

正確には住宅ローンの頭金というものはなく、建築費や不動産(土地など)の購入費のうち自己資金で支払う分のことを頭金と言います。

ではその額はどうやって決めるべきなのでしょうか?

借り入れをされる時期の金利状況によって変わってくるもので、例えば現在のように低金利の状況下では頭金は出来るだけゼロに近い数字にすべきで、予算(借入額)は出来るだけ多く借りるべきだということです。

また、現在は住宅ローンが否決になるケースが多く、「いくら借りようか」と考えるのではなく「果たして自分は借りられるのか?」「借りられるとしたら最大いくらまで借りられるのか?」という思考で臨むべきだと言われているようです。
 
 
まとめると、予算を出来るだけ抑えるのではなく、自分が借りられる最大値で借りるべきだということです。

確かにギリギリで計画していっていざ「足りない」となって追加でカードローンを借りるとなっては金利で大きく損をしてしまいますね。

Mortgage07

住宅ローンは申込者の実力以上は出ないと言われているそうですから、月々の無駄な固定費を削減して行ってまずは自分自身を返済可能な状態に整えることが大切なようですね。
 
 


以上、

・住宅ローンは変動がいいの?それとも固定?
・住宅ローンのお得情報
・住宅ローンと年収の関係
・頭金や予算はどうやって決めたら良い?

の内容でお送りしました。

この記事が参考になりましたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク


関連コンテンツ


 
 
 
 

コメントを残す