清原和博の高校・プロ野球時代の伝説・成績!現在に桑田は?

清原和博の高校・プロ野球時代の伝説・成績!現在に桑田は?

kiyoharakazuhiro

清原和博元選手はPL学園高校時代から西武時代にかけてメチャクチャな活躍をしましたよね。

今回はその伝説的な経歴・成績を見てみたいと思います。

  • 清原和博プロフィール
  • PL学園高校時代(KKコンビ)
  • 西武時代
  • 巨人時代
  • オリックス時代
  • 引退後

スポンサーリンク


清原和博プロフィール

本名 清原和博(きよはら かずひろ)
生年月日 1967年8月18日(49才)
出身地 大阪府岸和田市
身長 188cm
血液型 B型
所属事務所 オフィスキヨハラ
特技 野球

 
 
清原和博元選手は岸和田市立八木南小学校時代に岸和田リトルリーグに入団し、おじいさんから毎日100円をもらいながら練習していたそうですよ。

それが後のプロ野球選手のようにお金をもらいながら野球をする感覚の礎になったみたいです。

岸和田市立久米田中学時代には岸和田シニアリーグで活躍しました。

30近い高校からスカウトがあったんですって。

考えられないですよね、30校ですよ。

天理とPLで迷ったらしいですよ。

お母さんは奈良出身で、天理で甲子園に行ってほしいと言っていたそうです。

しかしPL学園は小学校の時から目を付けていた清原にどうしても練習を見に来てほしいと熱心に誘ったようです。

両行の練習を見学した結果PL学園に決めたそうです。
 
 

清原和博のPL学園高校時代

清原和博元選手のPL学園高校時代は、そのすべてが伝説です。

練習から伝説でした。

打球が飛び過ぎる清原は練習では飛距離の出ない竹バットを使っていたそうですが、それでもグラウンドの既存のネットを超えてしまったため、清原の為にネットを上に継ぎ足したのだそうです(清原ネット)。

PL学園は清原入学の前から強豪でした。

全国から精鋭があつまってきていたんです。

そんな中で清原と桑田が同じ年に入学しました。

二人が揃ったPL学園は1年の夏から全国にその名を轟かせました。
 
 

シーズン 結果 本塁打
1年夏 優勝 1
2年春 準優勝 3
2年夏 準優勝 3
3年春 ベスト4 1
3年夏 優勝 5

 
 
3年間の高校野球で全ての大会で甲子園出場し、全ての大会で本塁打を打ちました。

甲子園通算18本塁打は史上ナンバーワン。

しかも2位の2倍以上打ってます。

因みに2位は同じチームの桑田真澄さんで6本(上宮高校・元木大介さんと同じ)です。

高校卒業後は6球団強豪の末、西武ライオンズに入団しました。

当時のドラフトに関して軽く触れます。

清原は巨人に入団を希望していました。

巨人も清原を獲るって言っていたようなんですよね。

ところが巨人が大学進学を明言していた桑田を強行指名したため、その悔しさを晴らすために西武に入団したのでした。
 
 

清原和博の西武時代

kiyoharakazuhiro1

清原和博元選手は入団1年目からレギュラーになりました。

ルーキーイヤー(1986年)

打率 .304
本塁打 31本

という新人とは思えない成績でした。

黄金時代が到来していたチームも日本一に。
 
 
2年目(1987年)

打率 .259
本塁打 29

日本シリーズで巨人と戦い、日本一となった最終戦の最終回に1塁の守備についているときに巨人の王監督の顔が見え、ドラフト当時を思い出し泣いてしまったようです。
 
 
3年目(1988年)

打率 .286
本塁打 31
 
 
4年目(1989年)

打率 .283
本塁打 35
 
 
5年目(1990年)

打率 .307
本塁打 37
 
 
6年目(1991年)

打率 .270
本塁打 23
 
 
7年目(1992年)

打率 .289
本塁打 36
 
 
8年目(1993年)

打率 .268
本塁打 25
 
 
9年目(1994年)

打率 .279
本塁打 26
 
 
10年目(1995年)

打率 .245
本塁打 25
 
 
11年目(1996年)

打率 .257
本塁打 31
 
 
故障などにより高不調の波はありましたが、一流プロ野球選手の成績ですよね。

こんなにたくさん本塁打を打ったんですが、一度も本塁打王になっていないというのも面白いですよね。

西武では329本のホームランを放ちました。
 
 

清原和博の巨人時代

1996年シーズン終了後にFAして巨人に入団しました。

当時は長嶋監督でしたね。

鳴り物入りの入団でしたが、1年目にはエンジンがかかるのが遅れ、期待はずれの印象となってしまいました。

数字は立派でした。
 
 
1年目(1997年)

打率 .249
本塁打 32
 
 
2年目(1998年)

打率 .268
本塁打 23
 
 
3年目(1999年)

打率 .236
本塁打 13
 
 
4年目(2000年)

打率 .296
本塁打 16
 
 
5年目(2001年)

打率 .298
本塁打 29
 
 
6年目(2002年)

打率 .318
本塁打 12
 
 
7年目(2003年)

打率 .290
本塁打 26
 
 
8年目(2004年)

打率 .228
本塁打 12
 
 
9年目(2005年)

打率 .212
本塁打 22
 
 
今見ると、9年も巨人にいたんだ?という感じですよね。

西武時代の印象が強すぎるんでしょうか。

巨人時代は成績を見てみるとかなりいい成績だったんですね。

当時は1年目の前半の不調のせいでずっと期待はずれ感が強かったと思います。

たまに良いところで打つね、という感じでしたよね。

でも成績自体は立派ですね。
 

 

清原和博のオリックス時代

清原和博元選手は巨人を出た後(球団と揉めに揉めた)、オリックスに入団します。

当時の監督は仰木彰監督でした。

1年目(2006年)

打率 .222
本塁打 11
 
 
2年目(2007年)

打率 .000
本塁打 0
 
 
3年目(2008年)

打率 .182
本塁打 0
 
 
オリックス時代はもう怪我が治らずに試合に思うように出られませんでしたよね。

見ていて痛々しかったです。

体重増加による膝の故障でした。

何度も手術してカムバックしてまた手術という。

今思えばすごく立派なことなんですが、当時は「もう辞めればいいのに」と思っていた人が多いんじゃないでしょうか。
 
 
豪快な性格からか素行が良いとは言えず、それに反発して批判する人が多かったですね。

引退に際してもちょっと世間的にそっけない感じもありました。
 
 


スポンサーリンク


清原和博の引退後

清原和博元選手は引退後テレビにもあまり出ないし、野球に関わる仕事もしていませんでした。

プライベートでも離婚するなど人生の谷に落ちてしまった感じでした。

2014年には薬物疑惑がありましたよね。

糖尿病による薬の副作用だと言うことで騒動は収束したかのように見えましたが、2016年2月に逮捕ということになってしまいました。
 
 

桑田真澄さんはどう思っているのか

清原は2013年に2人の子供に自身がホームランを打つところを見せたいという願いをTBSの番組企画で実現しました。

その時投手を務めたのはあの桑田真澄さんでした。

桑田真澄さんは現役引退後もトレーニングを続けていて、現役当時と変わらない投球フォームから豪速球を投げ込んでいました。

形上は真剣勝負という企画になっていましたが、最後は清原に花を持たせていました。

膝の痛みを押してここまで体を作った清原をたたえていましたよ。

桑田さんは本当に立派な人です。

桑田さんは当時早稲田大学で学んだスポーツ理論を野球界のために活かそうと、色んな活動をされている最中で忙しかったはずですが、清原の子供たちのためにこの企画に付き合ってあげたんですよね。

そんな桑田さんは現在の清原の逮捕を受けてどんな気持ちでいるんでしょうか。

ドラフトで自分が巨人に入ってしまったことで清原に同情というかちょっと後ろめたいようなところがあったのかもしれませんが、かつてのチームメイトのために自分が出来ることをするんだという気持ちをいつも持っている桑田さん。

おそらく

「今回の逮捕は残念だが、しっかりと治療して薬物を断ってほしい。キヨなら出来ると信じている」

と語るに違いないです。

ファンの方たちもそう信じているはずですよ。
 
 


以上、

  • 清原和博プロフィール
  • PL学園高校時代(KKコンビ)
  • 西武時代
  • 巨人時代
  • オリックス時代
  • 引退後

という内容でお送り致しました。

清原和博元選手については状況によって追記あるいは新しい記事を書きますので、時々チェックしてみてくださいね。


スポンサーリンク


関連コンテンツ


 
 
 
 

コメントを残す