ココナッツオイルで痩せる?育毛効果も?オススメの使い方!

ココナッツオイルで痩せる?育毛効果も?オススメの使い方!

身体に良い油として、オリーブオイル、亜麻仁油などと並んで注目されているココナッツオイル。

ミランダ・カーや森泉さんなどの芸能人にも愛用している人が多いということでテレビなどで特集され、大注目されています。

coco2

そんなココナッツオイルの効能とオススメの使い方を紹介します!

・ココナッツオイルはダイエットに有効?

・ココナッツオイルは育毛効果も?

・ココナッツオイルの注意点

・ココナッツオイルのオススメの使い方


スポンサーリンク


ココナッツオイルはダイエットに有効?

coco3

ココナッツオイルはダイエットに有効という説について調べてみました。
 
 

ココナッツオイルがダイエットに効く秘密は中鎖脂肪酸

ココナッツオイルは食品の中でも最も多くの中鎖脂肪酸を含んでいます。
 
 
一般的な食用油には長鎖脂肪酸が含まれています。

この長鎖脂肪酸は、体に吸収された後、リンパ管・静脈を通って脂肪組織・筋肉・肝臓に運ばれ、分解されたり体内に貯蔵され、必要に応じてエネルギーとなります。
 
 
それに対してココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は、直接肝臓に運ばれて効率よく分解されてエネルギーとなるため、余剰分が体に蓄積されにくいとされています。
 
 
また、中佐脂肪酸は、動物性脂肪の燃焼を助けてくれるという効能があるため、体についてしまった体脂肪を減少させる効果があります。
 
 
さらに、この中鎖脂肪酸にから合成されるケトン体も、ダイエットには有効とされています。

人間のエネルギー源になるのは、「ブドウ糖」と「ケトン体」のふたつですが、ご飯やパスタなどで摂取した糖分が体内で変化した「ブドウ糖」を優先して使うようになっています。

そして体内でブドウ糖が消費されると、血中のブドウ糖が減るので空腹感を感じます。

しかしココナッツオイルの中鎖脂肪酸にから合成されるケトン体がこの流れを断ち切るので、空腹感を感じにくくなる上に体内に蓄積されている脂肪をエネルギーに変えることができるようになるのです。
 
 

ココナッツオイルにはダイエット以外にも美容と健康に嬉しい効能がたくさん

脂肪が蓄積されにくく、さらに体内の脂肪の燃焼にも役立つことでダイエット効果が期待できるココナッツオイルですが、それ以外にも美容と健康に嬉しい効果がいろいろあるココナッツオイル。

coco

その効能をいくつか紹介します。
 
 
・便秘に効く

ココナッツオイルが小腸にある腸絨毛に浸透し、、腸の中の食品添加物などの化合物の汚れなどを掃除してくれることによって、小腸の働きが良くなり、便秘解消に繋がります。

便秘が解消することで、お肌の調子が良くなったり皮下脂肪が減ったりという効果も。
 
 
・コレステロール値を下げる

ココナッツオイルは主成分が中鎖脂肪酸なので、コレステロール値を上昇させることがほとんどなく、代謝を促進するために善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールを減らす効果があると言われています。
 
 
・糖尿病の予防になる

糖尿病の原因であるインスリンの抵抗性を予防する働きがあります。
 
 
・心臓血管疾患のリスクを下げる

血液サラサラ効果で、動脈硬化などの血管疾患を予防します。
 
 
・免疫力を高める

ココナッツオイルに含まれている、ラウリン酸はさまざまな微生物に対して抗菌作用をがあり、ヘルペス、インフルエンザなどのウイルス、黄色ブドウ球菌、アクネ菌などにも効果があります。
 
 
・アトピーに効く

ココナッツオイルはアトピー性皮膚炎に効果的というデータが出ていて、中でも特に、皮膚黄色ブドウ球菌に抗菌作用があると言われています。
 

 

ココナッツオイルには育毛効果もある?!

ココナッツオイルには保湿効果と殺菌効果があることが知られています。

coco5

洗髪後の頭皮を、少量のココナッツオイルでマッサージして血行を促進することで、頭皮が柔らかくなり、そのあとの育毛剤の効きが良くなるそうです。

ココナッツの香りのリラックス効果も、ストレスからくる薄毛には有効だとか。
 
 
効果的な使い方は、

1、ココナッツオイルを頭皮にすりこむようなイメージで頭皮をマッサージ

2、頭皮を蒸しタオルで覆って30分ほど温める

これだけで頭皮が柔らかくなり、抜け毛を防いだり育毛の効果があるとか。

良い頭皮の状態に戻すために是非実践してみてください。
 
 

ココナッツオイル使用の注意点

美容にも健康にも良いココナッツオイルですが、やはり油なので、摂りすぎは禁物です。摂取量が多くなり過ぎてしまうとカロリーも高くなりますし、アレルギーを発症する可能性もゼロではありません。

ココナッツオイルの主成分のラウリン酸は、母乳にも含まれる成分なのでアレルギーを起こす可能性は極めて低い食品ですが、

・腕や太ももに湿疹が出る

・下痢をする

などの症状が見られた場合にはアレルギーの可能性も疑ってみて検査してもらったほうがいいかもしれません。
 
 
適正量は1日にさじ2杯程度と言われていますので、それを目安に、これまで使っていた油に置き換えて使ってみましょう。
 
 
また、ココナッツオイルにもいろいろ種類がありますが、中でも品質の高い「エキストラバージン」タイプ、オーガニックで低温圧搾なものを使うことで効果を最大限に活かすことができるそうです。
 
 


スポンサーリンク


ココナッツオイルの効果的な使い方

ココナッツオイルは、オリーブオイルに比べて酸化しにくく、亜麻仁油のように加熱すると効果が薄れることもないので、日々の生活に取り入れやすいオイルです。

coco1

炒め油として今までの食用油の代わりに使ったり、バターの代わりにお菓子やパン作りに使ったりと、幅広く利用でき、クックパッドなどでもココナッツオイルを使ったレシピが多く紹介されています。

トーストにバターを塗る代わりにココナッツオイルを垂らしたり、ポテトのソテーに使ったりと、手元に置いておくだけでいろんな料理に使えて便利です。
 
 


以上、

・ココナッツオイルはダイエットに有効?

・ココナッツオイルは育毛効果も?

・ココナッツオイルの注意点

・ココナッツオイルのオススメの使い方

の内容でお送りしました。
 
 
様々な効能があるココナッツオイルですが、薬ではないので一度に効果が劇的に現れるというものではありません。

日々の生活のなかで適正量を継続的に摂り続けることで効果が現れるものですので、無理のない範囲で、適正量を考慮しつつ、今まで使っていた油脂に置き換えて使ってみてくださいね。


スポンサーリンク


関連コンテンツ


 
 
 
 

コメントを残す