引越しの費用は?業者訪問見積もりの注意する点や安い時期も

引越しの費用は?業者訪問見積もりの注意する点や安い時期も

hikkoshi

入学や転職など、さまざまな節目で引っ越しをすることってありますよね。

引越しは業者によってかかる金額が違ったりサービスも色々・・・わからないことが多いと考えている方も多いかと思います。

そこで今回は引っ越しの費用や業者訪問見積もりをとる際の注意点や引越し費用が安い時期について調べてみました。

  • 引越しの費用はどのくらいかかるの?
  • 業者に訪問見積もりをしてもらう際の注意点
  • 引越しの安い時期は?


スポンサーリンク

 
 

引越し費用はどのくらいかかる?

mover1

結論から話していきましょう(笑)

一般的な大手引越し業者さんに頼んだ場合の費用相場を調べました。
 
 
引越し費用は50km以内と50kmを超える場合によって2種類に別れるようです。

そしてそれぞれ家族の人数、荷物の量、使用するトラックの大きさ、家の広さで料金が変わります。

移動距離50km以内の引越し料金相場
家族の人数
荷物の量
トラックの大きさ
家の広さ
料金相場
大人1 一般的 2トン 1R 20,000円〜50,000円
大人2 一般的 2トンロング 1DK 30,000円〜70,000円
大人2+子供1 多め 3トン 2LDK 60,000円〜100,000円
大人2+子供3 多め 4トン 4LDK 80,000円〜120,000円

 

移動距離50kmを超える場合の引越し料金相場
家族の人数
荷物の量
トラックの大きさ
家の広さ
料金相場
大人1 一般的 2トン 1R 100,000円〜180,000円
大人2 一般的 2トンロング 1DK 140,000円〜280,000円
大人2+子供2 多め 4トン 4LDK 200,000円〜400,000円

 
 
あくまで目安なので、引越し会社や時期、その他色んな条件により数万円〜十数万円の差がでる可能性があります。

ただ、上の表を見る限り距離による違いが大き過ぎますよね。

運転中はすることそんなに変わらないのに〜、と思ってしまいます。
 
 

引越し業者の訪問見積もり時に注意すべき点

引越し屋さんの訪問見積もりは打ち合わせも兼ねるため当日の作業がスムーズになるし、思わぬ荷物の追加料金などもなくなど、正確な見積もりができるということが大きなメリットです。
 
 
ところが引越し時のトラブルがけっこうあるというのです。

その原因は2つあるそうです。

・お客さんがしっかり営業マンの話を聞いていない
・業者がいい加減だった

これを踏まえて注意点をあげてみます。
 
 

営業マンの話を「しっかり」聞く

人の話を聞けない人っていますよね。

実際私も含めてみんなけっこう話を聞けないんだと最近分かりました。

質問が頭をぐるぐる回ってしまって、その質問をしたくて相手の話が頭に入ってこないという現象です。

出来るだけ頭のなかをまっさらにして営業マンの話を聞くようにしましょう。

質問は一番最後で大丈夫です。

質問を忘れちゃいそうだという場合はノートにメモしておきましょう。

「友達のときはこうだった」「この間引っ越したいとこはこうだった」などの話も、その友達やいとこはたまたまそうだっただけで、あなたの引越しに当てはまるわけではないので、頭をフレッシュにして打ち合わせに望むようにしたいところです。
 
 

訪問見積もりの日は友達か家族に一緒にいてもらう

これは女性の場合特に推奨されますが、悪徳業者やいい加減な業者と契約してしまわないためです。

万が一トラブルになった時にしっかり応戦できるようにするというのもそうですが、良い業者かどうか見積もり・打ち合わせ時にしっかり見極めるためにも誰かと一緒にいましょう。
 
 

見積もりは複数の会社に依頼する

料金は各社様々です。

業者の良し悪しもそうですが、サービスや金額は会社によって違うものです。

正しく比較するために金額だけでなく、

金額の内訳(サービス内容)
営業マンのアドバイス内容
引っ越し当時の組み立て方が効率的かどうか

これら全てを比べましょう。
 

スポンサーリンク

 

引越しの安い時期

mover2

引越しには高い時期と安い時期があります。

引っ越しする人が多い時期は引越し屋さんが忙しく、料金は高い。

引っ越しする人が少ない時期は引越し屋さんが暇で、料金は安い。

忙しい時期は需要が多いため高くても仕事が取れますし、暇な時期は安くしてでも仕事を取りたいというのは人情ですよね。

仕事があってもなくても毎月の経費はかかりますからね。
 
 

引越しは何月が安いのか

学校や会社の年度始めの前が一番引越しが多くなる時期ですよね。

そういう時期を知ると引越し料金が高い月と安い月がわかってきます。

3月・4月・8月・9月
学校や会社の年度始めや転勤が多く引越し料金が高い

1月・5月・6月・7月・11月・12月
人の移動が一般的に少ないので引越し料金が安い

2月・10月
早めに準備する人や、転勤の数が比較的多いこの時期は引越し料金がやや高い

安い月と高い月では1.5倍も料金に差が出ることもあるそうですよ。

最低限、月はチェックしておかないとなりませんよね。
 
 

1ヶ月の中では何日くらいが安いのか

学校や会社の始業は1日からが多いですよね。

そのため月末がとても混むため高いです。

狙い目は月初から月中ですね。
 
 

引っ越しが安い曜日は?

想像出来ると思いますが、土日祝日は混みますよね。

また、金曜日祝日の前日も混むそうですよ。

ですから、祝日と関係ない月曜日から木曜日が狙い目だそうです。
 
 

引っ越しが安い時間は?

狙い目はズバリ午後1時〜夕方です。

引越し先での片付けのことを考えると、午前中に引越しを終わらせてしまいたいと考える人が多いということですね。
 
 

引っ越しの料金まとめ!

まとめます。

いちばん高くなるケースは
3月・4月・8月・9月の月末の金土日祝の午前中

いちばん安くなるケースは
1月・5月・6月・7月・11月・12月の月〜木の午後〜夕方
 
 


以上、

今回は

  • 引越しの費用はどのくらいかかるの?
  • 業者に訪問見積もりをしてもらう際の注意点
  • 引越しの安い時期は?

という内容でお送り致しました。

ぜひ参考にしていただいて多少妥協してでも、ちょっとでも安く引っ越しできるといいですね。



スポンサーリンク

 
 

関連コンテンツ


 
 
 
 

コメントを残す