住宅会社のネット集客コンサルに採用|集客手法や検索キーワードと方向性は?

注文住宅の画像

静岡県内の住宅会社T社のネット集客コンサルタントに採用されました。

この記事では、T社の従前の集客方法からガメニークが入って以降にどう変わったかを紹介しています。

住宅会社T社の集客方法

もともとホームページを持っていて、問い合わせをもらうためのランディングページを作って問い合わせをもらっていたというT社。

広告費は月々10万円でした。

数件の問い合わせがあったものの、受注にはつながらず、5年間で2件の成約を得た状況だったようです。

私が状況や業務内容をリサーチして、T者に最適だと判断した集客方法は、

ランディングページの改善

新たな集客用ページの作成

でした。

また、双方に問い合わせページを追加して、流入ルートがひと目で分かるようにすることも大切です。

ランディングページはまったくゼロから作り直しました。

集客用ページは、T社の希望により新たに立ち上げるのではなく、公式サイトをリニューアルしてその一部分で集客するという方向に。

住宅会社コンサル導入後の変化は?

T社にガメニークが協力するようになって1年間、ネット集客についてのコンサルティングを行なってきた結果、月々の問い合わせは10件、トータルの成約は3件でした。

実際にはもっと劇的に集客と成約を増大させられるはずでしたが、サイト作成に充てられる人員がいなかったため思ったほど伸ばすことができなかったんです。

Tは社の内情をもう少し把握すべき&外注ライター等の導入をもっと早期に検討すべきだったというところが反省点ですね。


ということで、今回は住宅会社のネット集客コンサルについてでした。

集客サイトの作成は、多くの業種・業態で有効な手段となります。

確実に効果をあげたいという場合にはご連絡ください。

まずは電話や音声通話等でリサーチを行い、提案書をお作りいたします。

ガメニークに集客の相談をする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です